スクワットでお腹は割れるの?!腹筋に効くのはスクワットだ‼︎

美しい腹筋欲しいですよね。たるんだお腹、すっきりさせたいですよね。

ですが、「腹筋は割りたいけど、激しい運動やきついトレーニングには耐えられない…」と言う方とても多いと思います。

実際私も、お腹に筋肉をつけたくて、筋トレをしていました。毎日腹筋30回というルールを設け、1ヶ月きつくてもなんとか頑張りました。そして1ヶ月ぶりに体重を測ったところ…

変化なし。

もう本当にがっかりで、その日は食べまくりましたよ(笑)私には腹筋を割るなんてこと自体無理だったんだと諦めてしまいました。モデルさん達とは違う人間なのだと。

しかしそんな私でも、ある方法で、なんと腹筋を割ることに成功したのです。

以前失敗した方法とは、全く別のトレーニングをすることで、楽に痩せることが出来ました。なので、ぜひ、これから運動を始めてみようかなという方に読んで欲しいです。

この方法を実践すれば、必ず痩せれます。あなたの憧れの美しいお腹を手に入れることができます。

今回はその方法を、分かりやすく紹介していきたいと思います。

 

腹筋を割るまでの道のり

道のりと聞くと、ステップをいくつか踏んで、かなり長い時間をかけなければならないのかなと、不安になった方も多いと思いますが、安心してください。

ステップはたった1つです。

お腹の脂肪を落とす

これに尽きます。なぜかというと、実は私たちの腹筋は、もともとみんな割れています。なので、脂肪を落とせさえすればおのずと腹筋は現れるのです。

「じゃあどうやって脂肪を落とすんだ!」ってとこですよね。

 

脂肪分解の仕組み

まず仕組みを簡単に説明します。

脂肪分解の命令を下すのは、アドレナリン(ホルモンの一種)です。このアドレナリンは血液によって全身の脂肪細胞に運ばれていきます。その各脂肪細胞を、アドレナリンが同じ比率で燃やしていきます。

脂肪を燃やしてくれるアドレナリンは、ジョギングなどの有酸素運動や、仕事などの適度なストレスによって生み出されます

だがしかし、このアドレナリンよりもさらに強い刺激(脂肪燃焼)を持ったスーパーマンがいます。その名も成長ホルモン。こいつの分泌を促すのに必要なのが筋トレなどの無酸素運動です。

そう、ここで今回の主役であり、無酸素運動の代表格、「スクワット」の出番なのです。

 

腹筋運動は非効率的

先ほどのお話で、脂肪を分解したいなら運動!それも無酸素運動!と分かったと思います。だがしかし、「お腹の脂肪を減らしたい」「腹筋を割りたい」そう思った時にするトレーニングといえば、腹筋運動ですよね。

お腹を重点的にした方が良いと思うのは当然です。いわゆる部分痩せトレーニングですよね。

ですがここで知っておいて欲しいのは、部分痩せというものは存在しません

ついさっきお話しした、脂肪分解の仕組みを思い出してみください。アドレナリンや成長ホルモンは、各脂肪細胞を、同じ比率で燃やしてくれるのです。つまり、一箇所だけの脂肪細胞を燃やすことはできないということです。

驚きですよね。私も腹筋運動をせっせとやっていたので、驚愕の事実でした。

なので、お腹を鍛えるには腹筋運動が一番効くという概念を捨てちゃいましょう。

では腹筋運動はどこの筋肉に作用しているのかというと、胸の下、お腹の上の部分です。私含め、皆さんが一番気になっているであろう下腹には、あまり効果がないのです。言われてみれば私、何も知らずに腹筋運動に勤しんでいたため、その部分だけが硬いです。

 

スクワットが効果的な理由

私の経験からも、科学的な事実からも、腹筋を割りたい→腹筋運動という流れは必ずしも正しいわけではないということが分かったと思いますが、ではなぜスクワットが最も良いのでしょう。

メリット1 全身に効く

スクワットは足だけでなく、なんと全身の筋肉に働きかけてくれるのです。正しいフォームでスクワットを行うと、キレイな姿勢を保つために上半身の筋肉に作用するからです。同じ理由から、体の軸となる体幹も鍛えられます。スクワット一つで全身を鍛えられるなんて、優秀すぎる。

ただし、適切なフォームでやることが前提条件ですので、分かりやすく説明されている動画を貼っておきます。

メリット2 消費エネルルギーが大きい

同じ筋肉量を増やす上で、腹筋運動500回がスクワット15回に相当するって知っていましたか。腹筋500回=スクワット15回ですよ。「スクワットってやべえじゃん…」そう思いますよね。スクワットは消費カロリーがとてつもなく多いんです。

なぜこのような数式が成り立つのかというと、先ほど話した通り全身の筋肉に働きかけるというのも大きな要因ですが、実は人間の筋肉の約7割が下半身に集中しているのです。スクワットは「太もも、お尻、ふくらはぎ」を効率よく鍛えてくれるので、少ない回数でも筋肉量が増えやすいのです。

メリット3 リバウンドを防ぐ

スクワットはリバウンドを防いでくれる、素晴らしいトレーニングです。「ダイエットに成功したはいいが、数週間後、体重が元に戻ってしまった…」そんな経験をお持ちの方は多いと思います。ですがスクワットは将来的も保証してくれるという、できたやつなんです。

スクワットは筋肉量を効率的に増やせると言いましたが、筋肉量が増えるのに比例して基礎代謝が増えます。基礎代謝が増えたということは、日常的な消費カロリーも増えたということです。

スクワットで効率的に筋肉量をアップ →  筋肉量に比例して基礎代謝もアップ

→ 運動せずとも生活しているだけで消費できるエネルギーもアップ → 太りにくい体質に変身

このように、一時的に脂肪を減らすのではなく根本的なところから見直すことによって、理想の体型を手に入れ、更にはそれを維持できるところまで持っていきましょう。

 

まとめ

私自身、自分の体型に悩み、様々なダイエットに手を出しては失敗していた時期がありました。ですが、その頃では考えられなかったファッションを楽しむということを覚えました。自分に自信がつき、あんなに嫌いだった運動も今では進んでするようになっています。

悩んでいる皆さんが、この記事を参考にしていただけたら幸いです。一緒に頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です