【夜だけ炭水化物抜き】筋トレでダイエット効率UP!その方法は?

ダイエットと言えば最近女性に流行っているのが炭水化物抜きダイエットですね。

でも、炭水化物は人の体にとても重要な役割を持っているので、毎食抜くと体調不良になってしまう人が多いんです。それに体重が減ってもすぐにリバウンドしてしまうというデメリット付き。

今回は炭水化物抜きダイエットの正しい知識だけでなく、筋トレをプラスすることでダイエット効率をバツグンにさせる方法をご紹介します。

 

炭水化物抜きは夜だけが効果的?その真相とは?

ご飯やパン、麺など炭水化物は食の中心になっています。つまり、それだけ炭水化物は人にとって大切な役割を持っているんですよね。

だから炭水化物を全部抜いてしまうと身体に悪影響を与える危険性があるんです。

炭水化物をとらなくなるとどうなるの?

ダイエットをする目的が体重を減らすという場合、手っ取り早いのが「炭水化物を抜く」こと。

これは、炭水化物が食の中心になっており、摂取カロリーが高いという理由があります。おそらく、炭水化物を抜くと体重の減りは早いはず。

でも、炭水化物を少なくなると脳や身体に悪い影響があるんです。やる気が起こらなくなったり、集中力がなくなったり。

それに炭水化物が不足すると身体は「飢餓状態」だと思い込んでしまい、脂肪を蓄えようとするのです。

そのため、脂肪を作り出そうとして筋肉を分解してしまいます。すると、余分な脂肪がついてきて返って太ってしまう可能性があるんです。

炭水化物を抜くのではなく、バランスよく栄養をとる

ダイエットをするときに認識しておくべきことは、「体重=美しさ」ではなく、「美しさ=健康」ということ。

健康とは、余分なお肉がなく身体が引き締まっていたり、姿勢がよく、肌がキレイであることですよね。

このことをしっかり理解しておくと、体重に左右されなくなり、健康的なボディを目指すことができるはずです。そして健康的なボディを作るためにはバランスよく栄養素を取り入れる必要があります。

なので、余分な脂肪をつけない程度に炭水化物も取らないといけません。そこでオススメしたいののが、夜だけ炭水化物を抜くという方法です。

夜だけ炭水化物抜きダイエットの効果とは?

炭水化物を必要な分だけ摂取し、なおかつ効果的なダイエットをすすめる場合、3食のうち1食だけ炭水化物を抜くのがオススメです。

夜に運動していなければ、食べた炭水化物はほとんど脂肪になってしまう可能性があります。そのため炭水化物を抜くのは夜が良いでしょう。

その代わり、朝と昼には十分な炭水化物を取ります。夜までに必要な栄養をとっていれば夜に食べる必要がなくなるのです。

「どうして夜抜くのか」は「なぜ朝や昼に炭水化物を抜いてはいけないのか」を理解しておくと納得できます。そこで、朝と昼にしっかりご飯を食べるメリットを紹介します。

朝と昼はしっかり食べてパワーを付ける

まずは朝ごはんを食べるメリットをご紹介します。

  • 朝ごはんを食べると頭と身体がよく働く。食べていないとエネルギーが湧かない。
  • 基礎代謝が上がり、痩せやすい身体に
  • 食べ物が体内に入ることで、胃や腸が刺激されて女性のお悩み「便秘」に効果アリ

朝ごはんを食べて午前中にいろんな活動をすると、お腹が空きます。そんな時に「炭水化物を食べてはいけない」というのはツライし、ストレスになってしまいます。

また、昼食に関しても同様に、午後から脳と身体を活発にさせ、集中力をUPさせるためには炭水化物は必須。夜に炭水化物を抜くのは「朝と昼はしっかり食べる」が前提なんです。

 

 【危険】炭水化物抜きダイエットは筋トレしないと効果なし!?

これまでの記事をみて「じゃあ夜だけ炭水化物を抜けばダイエットできる」と思った方、それは間違いです。

というのも、炭水化物を抜くなら筋トレをしないと効果が出ないんです。むしろ、筋トレをプラスすれば、ダイエットの効果は何倍にもなります。

炭水化物抜きダイエットには筋トレが必須?

これまでお話してきたように、炭水化物が不足してしまうと余分な脂肪と筋肉までも分解し代謝が落ちてしまいます。

そして代謝が落ちて太りやすい体質になったり、頑張る意欲や集中力がなくなり元気がなくなってしまう恐れがあります。

でも、筋トレをしておくと筋肉の分解を極力防いで、脂肪だけを落とすような体を作ることができます。

筋トレは良いことづくし!?

筋トレは痩せやすくなるという効果だけではありません。他にもたくさんの効果が期待できます。

  • 身体のラインに変化が出てくる。くびれができて体型がスリムビューティに。
  • ストレス解消になってスッキリ感が得られる。
  • 姿勢が良くなる。
  • 健康的なボディで、人から好感をもたれる。
  • 脳の働きが良くなり勉強や仕事が取り組みやすくなる。
  • 血流が良くなり疲れにくい体質になる。
  • 自分に自信がつく。
  • 好きなファッションを楽しめる。

 

手軽にできる筋トレでダイエット効率UP

でも、実際に「筋トレをしよう」と思ってもジムに通うとなると一気にハードルが高くなりますよね。そんなあなたに朗報です。

なぜなら、難しい筋トレは必要ないからです。ここでは筋トレを開始する前に知っておきたい注意点や筋トレを習慣化させるコツをご紹介します。

難しい筋トレより、継続してできることが目標

これまで炭水化物抜きダイエットをする場合にどれだけ筋トレが大切なのかをお話してきました。そこで知っておいて欲しいのは、難しい筋トレをはじめて3日坊主になるよりも、重要なのは「継続すること」。

炭水化物抜きダイエットだけ続けて筋トレは続けられない。これは危険です。だから、「継続」を最初の目標にしましょう

筋トレに関する基礎知識をつけておこう

せっかく筋トレするのであれば、自分がコンプレックスを感じている部分を鍛えて、美しいくびれを手に入れたり、たるんだお肉を引き締めてキレイになりましょう。

それでは、以下の注意点を守って筋トレをはじめましょう。

大きな筋肉から鍛えていく

上半身であれば背中の筋肉や腹筋、下半身であれば足周りなどを鍛えましょう。

大きな筋肉を鍛えると代謝がよくなり脂肪を燃えやすくできます。個人的には、肩の三角筋を鍛えると猫背などの姿勢改善に役立つのでおすすめです。

インターバルをしっかり

セットの間に30秒〜2分程度のインターバルを取りましょう。というのも、続けて頑張りすぎると疲労が蓄積されてしまいます。

かといって長く取りすぎると筋トレ効果が薄れてしまいます。自分に合ったインターバルを見つけましょう。

トレーニング前にストレッチを

事前にストレッチをしていると身体の筋肉がほぐれてトレーニング効果がUPします。

また、筋トレはやりすぎると筋肉が傷つく恐れがあるので、しっかりストレッチをしておきましょうね。

自分なりのルールを作って習慣に。おすすめは外食前に30分筋トレ!!

友達から外食に誘われると断りづらいし、たまには外食したい時ってありますよね。そんな時に毎回行かないようにしてもストレスが溜まって返って良くありません。

だから私が勧めているのは、外食に行きたい時は行くこと。すると、ストレスなく楽しみながら続けられます。でも、外食に行き続ければ、誰だってお肉がついていきます。

だから重要なポイントが一つ。それは、外食の時は夜に筋トレするという自分ルールを作っておくこと。

「外食に行きたい時は行く」「その代わり筋トレは怠らない」というルールを自分に課すことで、罪悪感なく外食に行けます。

そして、できれば外食の前に30分ほど筋トレしておくと筋肉が分解されることを防ぎ、体内に取り入れた脂質も脂肪ではなく筋肉肥大に役立ちます。

私も、自分なりのルールを守ることで健康的にダイエットを続けることができたんです。そして、筋トレをすることでたるんだお肉がどんどん引き締まって、人から「キレイになった」と言われるようになりました。

やるかやらないかはあなた次第。1週間からはじめてみましょう。

 

まとめ

  • 炭水化物は必要な栄養素。だから朝と昼はしっかり食べて健康的なボディを目指す。
  • 夜だけ炭水化物を抜いて、代わりに野菜やタンパク質を取ってバランスよく栄養を摂取する。
  • 筋肉が分解されてしまうのを防ぐため、筋トレを行う。
  • 筋トレは手軽に続けられるものを選ぶ。鍛えたい筋肉を決めておくとモチベーションがUPする。
  • 筋トレを取り入れると、数えきれないくらいの効果が期待できる。
  • 外食OK、その代わり筋トレを怠らない。できれば外食前に筋トレを30分行うといった自分ルールを作っておく。

炭水化物抜きダイエットに【筋トレ】をプラスして、楽しく効率的に健康ボディを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です