筋肉痛の治し方を知らなきゃ損!背中の筋肉痛を治す5つの方法!

筋トレを頑張りすぎた次の日、筋肉痛に悩まされた人は多いはずです。筋肉痛って痛いし何するにも億劫になってしまいますよね。筋肉をつけようと頑張った次に痛い仕打ちなんて、結構つらいものがありますよね。私も、一時期筋トレにはまっていた時があり、筋肉痛で日によって痛い場所が違うなんてことはしょっちゅうありました。

筋肉痛があると筋肉ついてくるぞー。と頑張れる反面、痛くて日常生活で異常をきたすことも…。特に、背筋やジムで背中を鍛えた次の日の背中の痛みは尋常じゃないくらい痛いんです。歩く時にも、手を動かす時も背中にひびくし。寝ている時も痛い!ホント、背中の筋肉を取りたくなるほど背中の筋肉痛はいやです。

それだけでなく、普段の何気ない行動で筋肉痛になったことはありませんか?筋トレをした次の日ではないのに、なぜか背中に痛みが…。私はそんな経験が多くあります。その原因はいったいなんなのか、悩んだこともありました。

そこで、筋肉痛についての原因と、痛みを治す方法を紹介したいと思います。

 

背中の筋肉の種類

ざっくりと背中の筋肉の名称を紹介します。

・脊柱起立筋(せきちゅうきちつきん)・広背筋(こうはいきん)・棘上筋(きょうじょうきん)・棘下筋(きょうかきん)・大円筋(だいえんきん)・小円筋(しょうえんきん)・肩甲下筋(けんこうかきん)・小菱形筋(しょうりょうけいきん)・大菱形筋(だいりょうけいきん)

こんなにも背中の筋肉ってあるんですね。さらに深い筋肉まであるのでものすごく数が多くあります。あんまり動かさない背中に筋肉が沢山って不思議ですよね。でも、なんだか背中を労わってあげたくなりますよね。

 

筋肉痛が起きる原因は?

筋肉痛は、乳酸が多くたまっている状態です。疲労物質と呼ばれており筋肉に蓄積されると、筋肉を硬くして痛みを起こすと言われています。頑張ってブドウ糖を燃焼させようとしたが、全部のブドウ糖を燃焼させることが出来ずに、筋肉内に残ってしまったカスが乳酸です。その乳酸が悪さをしているんです。

また、最近は、乳酸が原因ではないという意見も出ています。筋トレで傷ついたところを修復している過程で炎症を起こし、痛み物質が出て刺激しているという見解もあります。まだはっきりとした結果は出ていないようです。

 

筋トレ以外の背中の筋肉痛の原因もある!

筋力の衰え

普段使っていない筋肉を少し動かしただけで筋肉痛になる原因はこれです。背中は意識しないと普段動かさない筋肉が多くあります。少し重たい荷物を持った後に背中が痛いなと感じたりする女性の方は多くいると思います。背中の筋肉は比較的、筋力が衰えやすいため、背中の筋肉痛はほかの筋肉痛に比べてすぐに痛みを感じてしまいます。

同じ姿勢で長時間過ごす。

デスクワークの方は、よく背中が痛いなと感じると思います。これは、同じ姿勢でいることで、筋肉の緊張状態が続いてしまい、疲労物質が背中に溜まり筋肉が炎症を起こすことで、筋肉の緊張状態が続いてしまい、疲労物質が背中に溜まり筋肉が炎症を起こすことで、筋肉痛を感じます。また、猫背など姿勢が悪いのも筋肉痛の原因といえます。

私は猫背なのでよく背中の一部が筋肉痛になることがあります。1日パソコンに向かっていると次の日筋肉痛で辛い思いすることがあり、猫背矯正ベルトを買ったり長時間同じ姿勢にならないような工夫をしました。

肩甲骨のコリ

肩甲骨は、17種類もの筋肉が集まっているため、上半身の中継地点といっても過言ではないです。そんな重要な肩甲骨が凝っていたり、固まっていると背中全体に負荷がかかります。負荷がかかることにより、筋肉が酸素不足になり痛みを起こすと言われています。

肩甲骨はただの骨ではなく、上半身を動かすのにもっとも重要な骨といえます。

 

筋肉痛を治す方法は?

①血流を良くする。

②ストレッチをする。

③栄養のあるものを摂取する。

④睡眠をとって筋肉を休める。

⑤にんにく注射も効果的?

血流を良くする。

筋肉痛は筋肉が固くなっている状態で、血管を狭めています。血管が狭くなっていると血液の流れは悪くなってしまいます。血液の流れが悪いと背中だけでなく、肩や二の腕などの筋肉も痛みを感じてしまうことに繋がります。

そのため、入浴をしたり、患部を温かいタオル(タオル全体を濡らし、電子レンジで30秒チンをして温かいもの)で温めてあげ、血流をよくすることによって、筋肉が柔らかくなるので痛みが和らぎます。

ストレッチをする。

筋肉が固くなっているため、ストレッチをすることで、全身に新鮮な酸素と血液を送ることで筋肉が柔らかくなります。背中の筋肉が固まっていると全身もこわばってしまうのでストレッチは背中だけでなく、全身の筋肉痛の改善に繋がります。

ストレッチの仕方としては、フェイスタオルを腕を伸ばした状態で頭の上に持っていき、前後左右に自分が気持ちが良いと感じる程度動かす動作がお勧めです。私は、少し同じ姿勢が続いたなと感じた時に良くこのストレッチをします。すごく気持ちがいいです!

タオルを使って気持ちの良いストレッチがほかにもあるので載せておきます!

他にもタオルを使わず体1つで出来るストレッチ方法です!

栄養のあるものを摂取する。

筋肉痛に効果的な栄養が多く含まれていると言われる食べ物を紹介します。紹介する食べ物をバランスよく摂取することが大切です。偏っていても体調を崩しかねないので、バランスのとれた食事を心がけましょう。

・肉類、魚介類、大豆製品、乳製品、卵など。→タンパク質を多く含む食べ物。

・ウナギ、鶏肉、レバーなど→ビタミンBを多く含む食べ物。

・にんにく、とうがらし、カツオ、ピーマンなど→ビタミンB6を多く含む食べ物。

・黒酢、レモン、ゆず、柑橘系など→クエン酸を多く含む食べ物。

・レバー、牡蠣、煮干し、ホヤなど→亜鉛を多く含む食べ物。

睡眠をとって筋肉を休める。

疲労がたまってしまうと背中の筋肉だけでなく違う場所も痛めてしまう可能性があります。しっかりと睡眠をとり体の疲れをとるようにしましょう。筋肉を休めてあげることが一番の筋肉痛を治す方法だと言えます。

また睡眠をとることで、筋肉内にある疲労物質を減少させることが出来ます。体の疲労物質だけでなく、気持ちもリラックスでき体に良い影響をもたらします。疲れた時は、休むことが1番です。

にんにく注射も効果的?

にんにく注射って聞いたことはあると思います。最近多くの方が利用しています。にんにく注射の効果として、にんにく注射に含まれるビタミンB1が疲労物質に作用してくれ、疲労回復や筋肉痛、神経痛、関節痛に効果があると言われています。

私は実際にやったことはないのですが、友人は「1日元気に過ごせる。また疲れた日にうちにいくと次の日に疲れが残らない」といっていました。1回相場2000円から4000円とそこまで高価な金額ではないのでやってみてもいいかなと思いますよね。

 

まとめ

背中の筋肉痛って本当にきついですよね。でも、今回紹介した治し方でもう悩むことはなくなったとおもいます。筋肉痛が来ることはとてもいいことなのでうまく付き合っていけるようにコントロールしていきましょう。

また、今回紹介した治し方だけでなく、筋肉痛にならないためにも、筋トレ後のストレッチやアイシングなども運動後の体のケアも大事にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です