日常生活で腕が痛くなる方必見!腕の筋肉痛を早く治す方法!

皆さんは筋肉痛になったことありますか?私は何度もあります。社会人になってから身体を動かすこともなくなったので筋肉が衰えているのを痛感しています。日常生活でも腕を傷める可能性があることをご存知ですか?

例えば掃除をするときは必ず腕を動かし、力もある程度入れないと取れない汚れもありますし、料理を作るときもフライパンに包丁にと、自分が思っていないようで日頃から意外と腕を酷使しているんです。

そこで今回は日常生活の中でも取り組めそうなストレッチや、食事の栄養面に関してのことをまとめてみました。ストレッチは日常生活でも意外と使いっぱなしの「腕の筋肉」を説明していきたいと思います。

ストレッチと食事面の両方からのアプローチをかけてできるだけ早く筋肉痛を解消していきましょう。

 

筋肉痛になる理由

最初に筋肉痛の原因ですが、今までは筋肉を動かせば動かすほど出てくる疲労物質の「乳酸」が溜まったことによってなると言われていましたが、最近ではその節に矛盾点が出てきていることから運動したことによって傷ついた※筋線維を修復しようとして起こる痛みだと言われているようです。

※筋線維…筋肉を構成している線維

「乳酸」そのものが悪いわけではないというのが証明されたんですね、では筋線維を修復するのに痛みを伴うのはなぜ?という疑問がでてきますね。

  1. 普段使わない筋肉をいきなり使う(無理をする)ことで筋線維や、周りの組織に傷がつく
  2. 傷のついた筋線維を修復しようとすると血液の中に含まれている物質が働いて筋線維を刺激する
  3. その刺激が、痛み感覚として脳に伝えられる

簡単にいうと筋肉の傷を修復しようと身体が頑張っているサインだとも考えられます。でも、生活していく上では痛みがあるのはちょっと嫌ですよね。

 

筋肉痛を早く治す効果的な成分

筋肉痛は身体が頑張っているサインだとはわかりましたが、それでもできるだけ早く治したいですよね。効果的に筋肉痛を直してくれる成分をまとめてみました。トレーニングや運動を頑張っている方にも必要な成分をご紹介するのでぜひ、参考にしてみてください。

カフェイン摂取

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは新陳代謝を促進してくれる効果や、痛みを和らげる効果が期待されています。手軽に飲めるのでぜひ取り入れていきたいですね。

たんぱく質

肉類や魚介類、大豆製品や卵類など人間の身体を構成するのにも不可欠なたんぱく質は筋肉痛を早く治す効果もしっかりとあります。

ミネラル

小魚類や牛乳に含まれているカルシウムは筋肉や心臓などを正常に機能するのに必要不可欠で、緑黄色野菜や、昆布、わかめなどのカリウムは疲労感や脱力感を緩和させてくれます。

ビタミンB1

豚肉やレバー、豆類に豊富に含まれておりトレーニングや運動をされている方はこのビタミンB1が不足しがちなので積極的に取っていきたい栄養素ですね。

ビタミンB6

かつおやマグロなどの魚類、レバーなどの肉類や果物ではバナナなども豊富に含まれてます。このビタミンB6は摂取したたんぱく質からエネルギーを作ったり、筋肉や血液が作られたりするのに働いてくれるのでたんぱく質をたくさん摂取される方はこのビタミンB6にも注目して摂取するべきものです。

サプリメント

たんぱく質やミネラル、さらにはビタミンを豊富に毎日摂取するのってけっこう難しいですよね、そんな時にはサプリメントにも頼ってみてもいいんじゃないでしょうか、サプリメントなら必要な分を必要なだけ摂取することも可能なので忙しい方の味方です。

ちなみに朝何も食べずにトレーニングや、運動などをすることはもったいないということをご存知でしたか?空腹状態で運動をすると運動をするためのエネルギー源としてたんぱく質が活用されるので、筋肉を分解している形になるんです。

これでは意味が無くなってしまいますね。なので、朝トレーニングや運動をされる方は筋肉を守るためにも朝食を食べることをお勧めします。

 

腕の筋肉痛を早く治す方法

トレーニングなどで腕を使う方はもちろんですが、日常生活でも腕は意外とよく使われている筋肉ですよね。主婦の方であれば毎日の食材を持って帰ってきたり、お子さんがいらっしゃる家庭では抱っこやおんぶ、遊び相手にもなるのに腕を酷使します。そのまま放っておくと肩にも痛みが走ることもあるのでできるだけ放っておかず、しっかりと対策を行っていきましょう。

ストレッチ編

腕全体のストレッチ

  1. 四つん這いになり、手の指を前に向ける
  2. お尻を後ろへ引きながら腕の内側を伸ばしていく
  3. 痛みが出る前の状態で伸ばしましょう

腕から肩にかけてのストレッチ

  1. 右腕を反対側に持っていきます
  2. 右腕の手首を左の手首で固定して右腕を伸ばしていきましょう


二の腕のストレッチ

  1. 右腕を頭の上までもっていき、左肩甲骨を触るように持っていきます
  2. 左手で右腕の肘を固定してできるだけ肘を真上に向けましょう


ストレッチは血流の流れが良くなり痛みを緩和させる働きがあります。ストレッチ以外にも睡眠をしっかりと取ったり、お風呂で身体を温めたりすることも大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?筋肉痛になると日常生活に支障が出る方も多いんじゃないでしょうか、トレーニングや運動をする前の準備運動はもちろんですが、筋肉痛になってからでも食事面で栄養補給やストレッチで改善することができるので皆さんも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です