知っておきたい筋肉痛の治し方!腹筋の筋肉痛を治すには何が効果的?

筋トレをしていると起こりやすいのが筋肉痛です。筋肉痛ってものすごく痛いですよね。体を動かすのが苦痛になるほどの痛みを私も味わった経験があります。

特に腹筋の場合は、笑うのもツライほど痛みが激しいので、日常生活にも支障がでてしまうものです。それだけ筋トレの効果があらわれているんだということは分かるのですが、とにかく痛い!どうにかできないものかと思ってしまいますよね。

おそらくあなたは、その筋肉痛をどうにか治すことができないかと思って、このページを見てくださっているはずです。筋肉痛は適切な方法で対処すれば、すぐに回復させることができますよ。ここでは主に腹筋の筋肉痛の治し方についてご紹介をします。

また、筋肉痛が治っていない状態で筋トレを続けることは、筋トレの効果として効率がいいことなのかどうなのかについても触れています。筋トレを続けるうえで必要な知識でもありますので、ぜひ目を通しておいてくださいね。

 

そもそも腹筋の筋肉痛はどうして起こるの?

筋肉痛と一言でいっても、実は筋肉痛には2種類あることをご存知ですか。では、それぞれを詳しくみていきましょう。

即発性筋痛

運動してすぐに起こる筋肉痛のことをいいます。即発性筋痛はほとんどのケースにおいて、疲労物質である水素イオンが蓄積することにより起こるといわれています。水素イオンが蓄積すれば筋肉が極度の酸性となって、痛い、重い、だるいといったような症状があらわれやすくなるのです。

遅発性筋痛

遅発性筋痛とは、運動した翌日または翌々日に起こる筋肉痛のことをいいます。そして、一般的な筋肉痛といえば、こちらの遅発性筋痛を指しています。ただ、実はこの遅発性筋痛が起こる原因は、いまだに解明されていません。

以前は「乳酸」と呼ばれる疲労物質が蓄積されていると考えられてきていましたが、近年では傷ついた筋肉が修復される際に炎症が起き、この痛みが筋肉痛だというように考えられるようになってきています。

 

腹筋の筋肉痛を治すために積極的にしたいこと

では、腹筋の筋肉痛を早く治すためにできることをご紹介していきましょう。

軽いストレッチ

腹筋の筋肉痛がひどい場合には、おなかの血行をよくすることで、痛みを和らげることができます。そこでおすすめしたいのが、軽いストレッチです。ジョギングなどの軽い運動でも構いません。もし動くことさえも難しいような場合は、おなかに蒸しタオルを当てたり、お風呂に浸かったりしておなかを温めてみるといいでしょう。

水分補給

腹筋に限らず、筋肉痛がある時に重要なのは水分補給です。運動中だけではなく、筋肉痛を治す際にも水分が必要になります。体内の水分が不足してしまうと、血液中の水分も減少し、血液がドロドロの状態になってしまいます。すると酸素や栄養が届きにくくなって、筋肉痛の治りを悪くしてしまうのです。水分補給をしっかりとし、体内の循環をよくしておきましょう。

たんぱく質やビタミンB1を摂取する

筋肉の修復にはたんぱく質が必要です。また、新陳代謝を活性化させ疲労を回復するためにはビタミンB1が欠かせません。そのため、食事を摂るときには、たんぱく質やビタミンB1を積極的に摂取するようにしましょう。

ちなみにたんぱく質を多く含む食品は、納豆、無脂肪牛乳、しらす干し、いわし、牛肉などです。そしてビタミンB1を多く含む食品には、豚肉、鶏肉、うなぎ、大豆などがあります。サプリメントなども活用し、うまく取り入れていきましょう。

睡眠をしっかりととる

実は筋肉痛を治すためには、睡眠が非常に大切です。睡眠中には成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが壊れてしまった筋繊維を回復へと促してくれます。特に深い眠りであるノンレム睡眠時に成長ホルモンは多く分泌されますので、質の良い睡眠をとるように心がけるといいでしょう。

 

筋肉痛があるときに筋トレをするのは効果的?

以前は、筋肉痛があったとしても、毎日トレーニングを継続することが望ましいと考えられていました。ところが近年では、筋肉痛の時には筋トレはせずに休息をとることが重要だと認識されています。

筋トレをすることによって筋肉は疲労し、破壊されます。破壊された筋肉は筋肉痛を起こしますが、体は自然と筋肉を回復させようとします。そして実は、この破壊された状態から回復に向かう過程で、筋力は筋トレ前よりも高まることが分かっているのです。これを「超回復」と呼びます。

この超回復の状態の時には、筋トレをしても筋肉を効率よく太くすることが難しいので、しっかりと休養をとることが重要だというわけです。筋肉痛がなくなれば、超回復が終わったサインなので、また筋トレを再開するといいでしょう。

 

腹筋の筋肉痛を早く治すためには超回復を理解しよう

つらい筋肉痛の時には筋トレはストップし、しっかりと体を休めましょう。また、ご紹介したような方法によって、筋肉痛を早く治すことも可能です。超回復という筋肉の仕組みをよく理解し、効率よく筋トレを継続していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です