筋トレで効果的な時間帯は?早朝筋トレのメリットとコツを紹介!

筋トレの効果的な時間を皆さんは知っていますか?実際筋トレをしていて、何時からやろうか迷うことはありませんか?私は、夜帰宅後に筋トレをしていた時期があります。この時間になったらはじめようと決めていても結局疲れたからやらないという経験があります。

それだけでなく、朝は、眠くて体を動かしたくないし、昼は仕事で時間がとれないし、夜も疲れて帰ってくるとやりたくないなあ。と、いろいろな理由をつけてやらなかった事の方が多いです。筋トレに効果的な時間があればいいのにと何度も思いました。

筋トレをするうえで効果的な時間を知っていればその時間に筋トレを組むようにすれば効率的ですよね。効率よく鍛えて、自分の求める体を手にするために、早朝の筋トレのメリット注意点を紹介していきます。

 

早朝筋トレのメリット

自律神経が整う。

自律神経が整うと、ストレスの緩和や睡眠の質の向上、疲労回復や免疫機能の向上など、多くのメリットがあります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つに分けられます。交感神経は、体を動かす時に働く神経をさします。日中の活動の時に活発になります。副交感神経は、体が落ち着いている時に働く神経をさします。睡眠、入浴などの時に活発になります。

寝起きは、副交感神経が優位にたっているので、筋トレをすることで交感神経を刺激することが出来ます。自律神経を整えるためには、副交感神経と交感神経のメリハリをつけてあげることが大切になってきます。筋トレを早朝に行い体を動かすことで、交感神経がしっかりと働き副交感神経からの切り替えをうまく調整してあげることで自律神経が整います。

体温が上がる。

朝は、低体温で辛いなと感じている方は多くいると思います。私もその一人です。朝布団から出たばかりなのに、足先がつめたいという日は毎日でした。朝、体が冷えているとなんだか朝のモチベーションは落ちますよね。また、朝に体が冷えていると体の動きに制限がかかってしまいます。

でも、朝から筋トレをすることで、血管が膨張し血流が良くなります。末端神経まで暖かくなるので体温が上昇しているのが感じられます。体が温まると体の可動域が広がりやすくもなります。そして何よりうれしいのは、毎日継続して早朝の筋トレをすると、基礎体温も上昇すると言われています。

1日のやる気につながる。

朝に体を動かすことで、活力につながります。早朝という時間帯に体を動かすことで、全身に新鮮な空気や血液をいきわたらせることが出来ます。実際朝に筋トレをしてみましたが、朝から体に元気があるように感じ、1日活発にいつも以上に動けたように感じました。また、朝に体を動かすことで、体に調子を知るきっかけにもなります。

筋トレをしていつもと違うなと感じた時は、なにかリフレッシュできることをして、やる気を向上させるのも一つの手段です!

筋肉にいいとされるホルモンが分泌される。

筋肉生成に重要なホルモンのテストステロンは、朝多く分泌されます。筋トレをすることでさらに分泌量をUPします。他の時間帯も分泌はされますが朝に比べたら少ないです。

多く分泌されている朝に、筋トレをするということは、効率よく筋肉をつける近道です。

 

早朝筋トレの注意点

寝起きにすぐ体を動かすと危険

寝起きに筋トレをするのは、厳禁です。心臓に急に血液を送ってしまうと、心臓がキャパオーバーを起こしてしまいます。そうなると心臓に負担が大きくなってしまいます。また、朝の血液は水分不足のためドロドロしているので、急に血液が流れると血栓ができてしまう危険も伴います。寝起きの状態で、血液を送ることは体全体に負担をかけてしまいます。

寝起きの筋トレは絶対にやめましょう。

筋トレの前には、エネルギーとなるものを口にする。

朝は、空腹な状態が続いており、エストロゲンが多く分泌されています。この状態で筋トレをしてしまうと、必要な筋肉をエネルギーとして使用してしまうために、返って筋肉を減少させてしまう可能性があります。

そのため、筋トレの前に軽く口にすることをお勧めします。

おにぎりやドライフルーツ、フルーツやパンなど、軽くてエネルギーをなりやすい食べ物なのでお勧めです。

早朝の筋トレは、軽めのものにする。

朝から、がっつりとした筋トレをしてしまうとけがをする恐れがあります。朝に無理をしてしまうと1日の生活に支障をきたしてしまう心配も出てきます。自分のちょうど良いな、気持ちいいなと感じる程度の筋トレメニューにしましょう。

 

もっともベストといえるタイミング

寝起き→軽食(エネルギーとなりやすもの)→1時間後に筋トレ(軽めに)→朝食をとる。

がベストだといえます。寝起きを避け、軽食を取ってからエネルギーとなりやすい1時間後に筋トレをすることで、筋肉増量に繋がります。

また、朝食を筋トレ後にとることで、筋肉に栄養をあたえやすくなっているので、このタイミングでタンパク質の多い食べ物(ササミやたまごなど)だったり、プロテインを摂取するようにしましょう。

 

まとめ

どうでしたか?朝は筋肉生成に必要なホルモンが多く分泌されていると知ると、早朝の筋トレは効果があると感じますよね。注意点も何点かあげましたが、注意点さえ気を付ければ効果的な筋トレが実施できます。無理のない自分に合った筋トレを心掛けて実施してみてください。

朝いつもより少し早起きをして、体を動かしてみると筋肉増加だけでなくちょっと違った何かが見えてくるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です