筋トレやる気アップ術!モチベーションが上がらない時の簡単な対処法!

あなたは、「さあ、今日から筋トレやるぞ!」と決意して、どのくらい続きましたか?

「もう何年も続けている」という方もいれば、
「決意したその日だけ」
「いや、もはや決意だけして終わった」

そんなツワモノもいらっしゃるかと思います。
そして私も、そのうちの1人です!

以前、休職中に体を動かさないとと思い、ジムを契約しました。そして1年後、1度も通うことなく、退会の手続きをしました。月謝だけが毎月引き落とされるのを見て見ぬふり…とんでもなく無駄ですよね(笑)

自宅での筋トレも、スマホで筋トレ方法をスクショしては、そのまま写真フォルダに眠ったままです。

モチベーションを保ち続けるは本当に難しいですよね。

長く続けている方でも、どうしてもやる気の出ない日は必ずあるはず。

そこで今回は、筋トレが続かない人に試してほしい、おすすめの方法を紹介します。

どれも手軽で、簡単です
ひょんなことから、自分に合ったやる気の出し方が見つかるかも知れませんよ!

 

なぜ筋トレは続なければいけないのか


そもそもなぜ、筋トレは継続して行う必要があるのでしょうか?
それを知ることで、より効率的に、続けやすい筋トレ方法が見つけられるかもしれません。

【筋トレは継続しなければ意味がない!】
筋肉は、前のトレーニングから日が開きすぎると、せっかくの努力が水の泡になってしまいます。ですが、あるルールに沿って行うと、その効果を無駄なく引き出せるのです。

超回復で筋肉を育てる!筋トレの効果を最大限に引き出すサイクル


筋肉が育つ仕組み

まずは、筋肉が育つ仕組みを見てみましょう。

  1. 筋トレをすると、筋肉の繊維が傷つく
  2. 免疫システムが、傷ついた筋肉を修復
    ☆この時補修された筋肉は、元の筋肉より強靭です! ※これが超回復!
  3. 休息が取れたら、また筋トレをする

このサイクルを繰り返すと、どんどん筋肉が成長していきます。
傷ついた筋肉が強い筋肉で補修されるなんて驚きですよね!少しお得にも感じませんか?(笑)

効果的な筋トレの頻度

【筋トレの頻度は、週に2〜3日がベスト!】
傷ついた筋肉の回復には、約48時間〜72時間の休息が必要と言われています。休息の後、また筋トレを行うと、「超回復」に繋がります。

筋肉をつけるには、適度な休息と栄養補給が必要です。毎日やらなくてもいいんです!気が楽ですよね。初心者の方や普段全く運動されない方は、週1日〜はじめてみてもOKです。

効果が出るのはいつごろ?

筋トレしても全然効果が出ない。そう感じて挫折した方も多いのではないでしょうか?
私もお腹を引き締めたいと、一度にハードな腹筋をしましたが、案の定続きませんでした。

確かに筋トレは即効性はありませんが、続けることでじっくりと確実に育ちます。筋肉の成長速度を知っておくだけでも、焦らずに臨むことができます。

「筋肉がついたな」「引き締まったな」と目で見てわかるのは、筋トレを始めて2~3ヶ月後といわれています。

そんなにかかるの?と思いますよね。
ですが、1週間〜10日で体の中は変わり始めているのです。
そして脂肪の燃焼1週間〜10日で実感することができます。

顔やお腹のお肉が少し落ちたかな?など変化が見られたら、もっとやる気が出ますよね。仕組みとサイクルを知って、無理なくスケジュールを立ててみましょう。

 

やる気が出ない原因と対策

では、実際にやる気がでない時の対処法をシーン別にご紹介します。

忙しい時

仕事や家事、やらなきゃいけないことだらけでクタクタ。
そんな時は当然、筋トレをやる気にはなれないですよね。

対処法3選

① やるべき事を終わらせる!それからやる!

やるべき事が残っていると落ち着かないですよね。そんな時は、先に終わらせてしまいましょう。

サイクルでもあった通り、筋トレは毎日しなくても大丈夫!
疲れた日は栄養を摂ってゆっくり休む。次の筋トレに備えるのもアリです。

② 出来なくなった時のことを考える

今日は筋トレをするつもりだったけど、しんどくて出来そうもない。急な予定が入った。

そういう時は、次のような対処のパターンを考えておくと、予定の変更にも罪悪感なくすんなりと対応できます。

  • 次の日に回す
  • もう少し手軽な筋トレに変更する

③ スキマ時間にできる筋トレをやる

筋トレの時間をガッツリ取れない時は、短時間でピンポイントに鍛えましょう。ながら運動でもOKです。ココ!という場所を重点的に、コツコツと続けるだけでも効果的です。

何から始めればいいかわからない時

どこから手を付けていいかわからないと、スタートできずに結局そのまま忘れてしまう、なんてこともありますよね。

ですが筋トレは、3つのステップで意外と簡単に始められます!

対処法3ステップ

①目標を決める

皆さんは、こうなりたい!という理想の姿はありますか?

  • 痩せたい
  • 二の腕や足を細くしたい
  • むくみを改善したい
  • 健康を維持したい

筋トレと一口に言っても、目的によって鍛え方が全然違うのです。
まずはどうなりたいか、どこを鍛えたいか、目標を決めましょう。

②ジムで専門家に聞く

手っ取り早いのは、ジムに行く。そしてトレーナーに聞く。です。
鍛えたい場所を伝えると、ジムでのトレーニング方法、自宅での筋トレ方法を正しく教えてくれます。

間違った方法で筋トレを続けていくと、「二の腕を細くしたかったのに、力こぶが出来てがっちりしてしまった。」など、悲しい結果を招くこともあります。

専門家に教えてもらうのはやはり近道です。

③ネットや本で調べる

最近は話題のエクササイズ本も多いですよね。DVDやグッズがセットになった本もあり、ゼロからスタートするにはうってつけです!

ネットでも沢山の筋トレ法が紹介されていますし、筋トレ動画は動きを確認しながら出来るのでわかりやすいです。

キレキレの引き締まった体でトレーニングしている人を見るとテンションが上がりますよ(笑)

これなら出来そう、というものがきっと見つかるはずです!

やる気スイッチがどうにも入らない

どうにもこうにもやる気が出ない。でも筋トレはしたい。
そんな時におすすめの方法をいくつかご紹介します。

計測する、鏡で体の変化をみてニヤニヤする

鏡でここ少しほっそりしたな。とか、計測して筋肉量が増えたな。とか、やっぱり少しの変化でも目に見えると嬉しくてモチベーションが上がります。

ウェアやグッズを揃える

形から入る!これも大事です。家にダンベルを置いたり、トレーニングウェアを着ると、初心者でもスポーツできる人感が出ます。

取り出しやすい場所にジムの用意を置く

これは私の経験からもおすすめです。ジムの準備は、実は意外と面倒だったりもします。
ウェアや着替え、お風呂の用意など、やる気がある時に荷造りして玄関先にでも置いておく。そしたらすぐにバッグを持って出発できます!

通いやすい場所で契約する

職場からの帰宅経路、自宅からも行きやすい場所など、通いやすい場所で契約するのも、足が遠のかない秘訣です。
おかげで、私も今はジムに通って筋トレやレッスンを楽しく続けています。

とりあえず行ってみる、やってみる

これもかなり効果的でした!面倒でも、無理やりジムに行ってしまいます。そしたら帰る頃には気分は爽快で、行ってよかったなと、充実感と共に帰宅します。

筋トレをすると、アドレナリン、ドーパミンなどが放出され、エンジンがかかります。つまり、行ってしまえば、始めてしまえば、やる気が出て筋トレがはかどるのです。

音楽を聞く、トレーニング用のプレイリストを作る

例えばベタなところでいうとロッキーのテーマとか(笑)
このトレーニングの時はこの曲!という風に、テンションの上がる曲をいくつかピックアップして聴くのもおすすめです。

理想の肉体を手に入れるため、トレーニングに立ち向かっているんだと、物語の主人公になったつもりでやってみましょう!

 

まとめ

体の調子や気分によって、いつも同じモチベーションで筋トレをするのは難しいですよね。目標ややる気スイッチは本当に人それぞれです。
ですが、年齢や性別関係なくできるのが筋トレのいいところ。

「こうなればいいな」が少しでも実感できたら、とても素晴らしいことですよね。

  • 筋トレで筋肉が傷つく→休息→筋トレで超回復!筋肉が育つ
  • 筋トレのペースは週2日がベスト!筋肉の回復を待ちましょう
  • 筋肉がついたと見た目でわかるのは2~3ヶ月後。脂肪燃焼は早くて1週間~実感できます
  • 目標を決めて、無理なく続けられる筋トレ方法を見つける

「これなら出来そう」というのがあればどんどん試して、自分なりのやる気アップ法を、是非見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です