筋肉痛が辛い!湿布の効果的な使い方とおすすめの貼り方をご紹介!

筋トレを始めた皆さんにほぼ必ず訪れる招かれざる客「筋肉痛」

辛いですよね。筋トレの前後に入念にストレッチをしても筋トレ初心者はやはり筋肉痛になってしまいます。筋トレを頑張った証拠でもありますが、痛いのは嫌ですよね。

そこで痛みといえばやっぱり湿布、と思う人も多いと思います。貼るだけで簡単ですし、手も汚れない。ドラッグストアなどで気軽に買えます。

しかし、買いに行ったはいいけれど適当に選ぶと十分な効果が得られないだけでなく、逆に痛みを悪化させてしまうこともあるので注意が必要なんです。

また痛みによく効く湿布ですが、筋肉痛の痛みに関しては必ずしも湿布を貼るのが最善とは言えない理由もあるんです。

上手に賢く筋肉痛と付き合い、直していくために必要な情報をまとめてみました。

 

湿布の種類

まずは湿布の種類とその効果を比べてみましょう。湿布には大きく分けての種類のものがあり、どちらのタイプにも鎮痛消炎剤が含まれているものがほとんどです。

冷湿布

患部に一時的な炎症が起きている時に使います。具体的には打ち身、捻挫、打撲、肉離れなどの怪我をして、患部が熱を持っている時などに使うことが多いです。

温湿布

慢性的な痛みがある時に使います。肩こりや腰痛など筋肉のこわばりがある場合や患部が冷えている時などに使うにが効果的です。しかし患部が熱を持っている時に使うと痛みを悪化させてしまい場合もあります。

 

筋肉痛への効果的な使い方

では筋肉痛の場合これらの湿布をどう使えば良いのでしょうか。

まず筋トレ直後や翌日の痛みには冷湿布で冷やして炎症を抑えるのが良いでしょう。触ると少し熱を持っているような痛みの時です。実際氷水などで患部を痛い部分を冷やしてみて、心地よいと感じたら冷湿布が良いようです。冷湿布は冷蔵庫で保管しておけば冷却効果が増すのでおすすめです。

しかし冷やしすぎも筋肉の回復を送らせてしまうので使うのは筋トレ当日または翌日痛みが強い時のみ使用するのが良いでしょう。

筋トレから2,3日後も筋肉痛が長引いていて筋肉のこわばりが気になる人は温湿布を貼ってみてもよいかもしれません。患部を温め、血行を良くしてくれるので筋肉の修復が早まります。皮膚を触ってみて熱を持っておらず、さすったり温めたりすると心地よいと感じるなら使っても大丈夫です。

 

効果的な貼り方

では実際にどのような貼り方が良いのでしょうか。剥がれにくく皮膚にも優しい貼り方を見ていきましょう。

http://www.jsmi.jp/event/yomiuri/002/03.html

引用:日本OTC医薬品協会

このように貼る場所によって切り込みを入れるとしっかり湿布が肌に密着してくれます。皮膚への刺激も少なくなるので、かぶれも防ぐことができます。

 

http://www.salonpas.jp/howto/

引用 サロンパスホームページ

CMでも有名な製薬会社おすすめの貼り方です。痛みを効果的にとってくれる気持ち良い貼り方です。筋トレ後の熱を持った筋肉をしっかり癒してくれそうですね。

 

注意!

湿布は手軽に使える便利なものですが、それでも薬剤が配合されている薬です。正しい使い方をしないとかぶれや痛みを悪化させる原因になります。以下の点に注意して上手に使いましょう。

妊娠中の人やぜんそくを起こしたことのある人

湿布に含まれる消炎・鎮痛成分には、妊娠中の人やぜんそく持ちの人にとって注意が必要なものもあるので、買う前にドラッグストアなどにもいらっしゃる薬剤師さんに相談してみるのが良いでしょう。

皮膚の弱い人

湿布が直接皮膚にガーゼを一枚当て、その上から貼ると良いでしょう。湿布を替える際はぬるま湯で優しく皮膚を洗い、よく乾かし、30分〜1時間ほど肌を休ませてから貼ってください。

湿布を貼っている時に汗をかいたら、湿布を一回はがし、肌を綺麗に拭いてから貼り直すと、自分の汗や汚れでかぶれるのを防ぐことができます。

特に温湿布は冷湿布よりも皮膚に痛みを生じやすいので、お風呂に入るときは30分から1時間前にはがして、お風呂上がりは体の火照りがおさまり、汗が完全に引いてから貼るようにしましょう。

光過敏症に注意

湿布薬には痛みを抑える成分が含まれているため、はがした後もそこに成分がしばらく残っています。そこに直射日光が当たると腫れたり赤くなったりする人もいます。

はがした後少なくとも4週間は注意が必要なので、湿布を貼っていた部分に紫外線が直接当たらないよう曇りの日でも気をつけてください。

 

湿布は最終手段として使うのがベスト

特に冷湿布は血管を収縮させる効果もあり、それによって痛みを感じにくくさせるものです。ということは痛みを感じずに済む分、そこに流れる血液の量が減る、つまり傷ついた筋肉の回復を遅らせてしまうことになりかねません。

ですからちょっと筋肉痛気になるから、という程度で気軽に使いすぎないほうが良いのです。むしろ傷ついた筋繊維を回復させるために大切なのは規則正しい生活です。筋トレ前後のストレッチやぬるめのお湯でゆっくり入浴すること、タンパク質多めのバランスのとれた食事や十分な睡眠などを心がければ筋肉痛の治りは早いです。

痛みが本当につらくて日常生活に支障が出る、筋肉痛だけど今日はどうしても一日中忙しく動き回らないといけない、筋肉痛で痛くて眠れない、なんて日に最終手段として使ってください。

 

病院に行ったほうがいい場合も

たかが筋肉痛と思っていると、実は怪我や病気が原因となっている場合もあります。

動かさなくても痛みが続く、トレーニングしたところ以外にも全身に痛みがある、数週間筋肉痛が治らない、などの症状がある場合、病院でお医者さんにもてもらってください。

 

まとめ

ついつい痛ければすぐ湿布、と考えてしまうかもしれませんが、筋肉痛の場合そうでもないようです。出来るだけ自分の体の回復力に頼るのが良いですが、日常生活に支障の出る場合には湿布のお世話になりましょう。

まずは冷感湿布で冷やし、皮膚が熱を持っていなければ温感湿布で血行を促進し回復を促す、といった順番で使ってみてください。

湿布に頼る場合でも筋肉痛に1番効くのはやはりバランスの良い食事、ストレッチ、十分な睡眠など、基本的なことであることをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です