腹筋ローラーが女性におすすめの理由とは⁉︎初心者でも安心な使い方!

腹筋ローラーと聞いてみなさんは何を想像されますか?

私は筋肉バキバキの男性タレントがその筋肉を見せつけるために腹筋ローラーを使い、女性ファンにキャーキャー言われている姿でした。

そうです、男性のもの、という印象が強かったのです。そもそも腹筋鍛えるのにローラーなんか要らなくない?と思っていたのです。

ところがそれは大間違い。筋トレ初心者の方にとって、筋トレのためにジムに通ったり、長い時間を筋トレのために空ける、ということは大きな壁になってしまいます。また、場所を取る高い器具なんて最初から買う気にも、家に置く気にもならないものです。

では、場所もとらず、手頃な値段で、短時間で筋肉を鍛えられるとしたら、どうですか?腹筋ローラーはそんな願いを叶えてくれるんです。

引き締まったウエストに憧れるけどいつまでたってもずん胴体型、といった悩みだけでなく、多くの女性のほかの悩みをも解決してくれる、非常に心強い味方、腹筋ローラー。今回はそうした腹筋ローラーの魅力と、初心者でも安心な使い方をご紹介します。

 

腹筋ローラーの何がそんなに良いの?

腹筋なんて小学生の体力テストでやったじゃない、あれをやれば鍛えられるよ。と思っているあなた。確かに道具なしでも腹筋は鍛えられます。

しかし道具なしでは腹筋にしっかり効かせることは難しいのです。回数をかなりやれば良いかもしれませんが、そうすると腰など違うところに力が入って痛めてしまったり、時間もかかります。

腹筋ローラーならトレーニングのため1日10分程度で済みます。お気に入りの曲を3曲流している間に終わってしまう長さです。また腹筋ローラーは大きさ30㎝ほどでコンパクト。値段も安いものなら1,000円〜2,000円で購入できちゃいます。

これは手に入れる価値が大いにあるのではないでしょうか。ネットでも簡単に購入できます。腹筋ローラーまたはアブローラーで検索してみてください。

 

効くのは腹筋だけじゃない

なんとこの腹筋ローラー、引き締まったウエストを手に入れられるだけではなく、スッキリした二の腕、美しい姿勢まで手に入れることができるアイテムなんです。

“腹筋ローラー”という名前の通り、腹筋を鍛えるためのものですが、それだけじゃなんです。女性にとって、二の腕のプルプル、気になりますよね。腹筋ローラーは上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)も同時に鍛えられるので、この二の腕のプルプルも同時に解消してくれるんです。

さらには美しい姿勢を保ってくれる広背筋脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)も刺激してくれます。一石二鳥どころじゃなく三鳥、四鳥の優れものです。

 

レベル別!正しい使い方

腹筋ローラーやってみたくなりましたね。どのトレーニングにも言えることですが、正しい使い方を身につけなければきちんと効果が出ないばかりか怪我をしてしまいかねません。効果の出る、正しい使い方をレベル別に見ていきましょう。

初心者はまず押すだけでOK

膝コロンというやり方です。

  1. 両膝を床につけ、床に置いた腹筋ローラーのグリップをしっかり握ります。手首が曲がると力が手首の関節にかかり、痛めてしまうので、曲げないよう注意してください。また肘を曲げると肩に力が入るので肘も伸ばした状態で行いましょう。硬い床の場合は、膝を痛めないよう下にマットなどを敷くと良いでしょう。
  2. ローラーを前に転がし、それに上半身もついていくように息を吸いながらゆっくり伸ばします。素早くやると腹筋に十分効かせられません。ゆっくり、を意識してください。この時背中が反りすぎると腰を痛めてしまいますので、水平か、むしろ猫背くらいでも良いでしょう。
  3. 伸ばせる限界まできたら、初心者の方は引き戻すのが難しいと思います。そのまま前に倒れこんでください。この時しっかり腹筋を意識して、他のところに力は入らないように注意しましょう。

膝コロンが怖い人は…

膝コロンだと顔をぶつけてしまいそうで怖い、という人は、壁を補助として使う方法がおすすめです。

こちらの動画で詳しく説明されています。

この方法なら自分の力で止まらなくても良いので、初心者の方におすすめです。

中級者は自分で戻るとこまでやってみよう

膝コロというやりかたです。

慣れてきたら、今まで倒れこんでお終い、もしくは壁に助けらっていたところを、伸ばして自分の力で止まり、伸ばしたのと同じくらいのゆっくりスピードで、元の位置に戻してみましょう。伸ばすときに息を吸い、戻すときに息を吐きます。かなり腹筋を使う動きなので、これを10回繰り替えすだけでもかなり腹筋に効いているのが分かるはずです。

腹筋ローラーを極めたい人向け

立ちコロというやり方です。

膝をつけ伸ばして戻るの動作だけでも十分腹筋は鍛えられます。でもそれでは物足りない強者女子の方は、膝をつけず立った状態で伸ばして戻る、をやってみてください。しっかり腹筋を鍛えてきた人でなければ一回も出来ないはずです。チャレンジする際は腰を痛めないよう十分気をつけてくださいね。

 

目標設定

腹筋ローラー初心者の方はまずは膝コロンで10回1セットとし、2セットを目標にやってみましょう。

慣れてきたら膝コロでやってみましょう。最終的には20回1セットとし3セット出来るようになれば言うこと無しです。

やり始めの頃は筋肉痛になるはずです。近年の研究で、筋肉痛のままやるよりも、しっかり治ってからやる方が効果的だそうですので、筋肉痛の日は腹筋ローラーはお休みして代わりに下半身の筋トレなどをしても良いかもしれませんね。毎日少しづつでも筋トレの習慣を途切れさせないことが継続の秘訣ですよ。

 

まとめ

  1. 腹筋ローラーは手頃な値段でサイズもコンパクト。引き締まったウエストとスッキリした二の腕、美しい姿勢を保つための筋肉を短時間で鍛えられる素晴らしい道具です。
  2. 初心者は行ったっきり戻らない膝コロンから始めてみましょう。中級者は頑張って膝コロで出来るようになりましょう。手首と肘は曲げない、背中を反らさないことに注意して、頑張ってください。
  3. 無理しすぎず、筋肉痛の筋肉の休息日をつくりながらも、毎日どこかしらの筋トレを続けることをオススメします。

初心者から上級者まで幅広くサポートしてくれる腹筋ローラー。今手に入れておけば今後のあなたの筋トレライフをずっと末永く支え続けてくれるばすです。

筋トレを圧倒的に効率化するHMBサプリメントとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です